ハノイに行ってきました!

ブログを更新するのは久しぶり。 2月8日から12日の4泊5日でハノイに行ってきました。8日はちょうど旧正月の元日。ほぼすべての商店やレストランが休業で、楽しみにていたお買い物やレストランに行くことができません。事前にネットで情報集していたものの、ベトナムの、特にハノイに関する情報が意外と少なくとても不便だったので、これから行かれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイト・レディが完璧な理由

SATCでおなじみのサラ・ジェシカ・パーカー主演。サラ・ジェシカ・パーカーって美人じゃないけど、観る人を惹きつける力がある人ですよねぇ。  さて、こちらはSATCとは一味違い、ワーキング・ウーマンのほろ苦い現実をコミカルに描いた佳作。ケイトは金融商品を扱う会社で働くバリバリのキャリアウーマン。営業成績はトップクラス。家庭で二児の母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場「サロメ」

オスカー・ワイルド原作、平野啓一郎翻訳、宮本亜門演出の「サロメ」。ヘロデ王が奥田瑛二、その妻に麻実れい、サロメが田部未華子。 パンフレットを読むと、翻訳の平野氏が今回新たに「サロメ」を訳すにあたり、それまでの「サロメ」に囚われず、原作に忠実であることを心掛けた、とある。サロメの妖艶さを強調するのでなく、少女ゆえの無垢さ、そして残酷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーガレット・サッチャー~鉄の女の涙~

2012年公開の映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」のA4サイズ光沢プリントポスター【楽ギフ_包装選択】【12Mar12P】写真フォトスタンド・アポロ アカデミー賞女優メリル・ストリープが全身全霊をかけて演じる沈みゆく英国を建てなおした“鉄の女”マーガ 楽天市場 by  メリル・ストリープ主演でアカデミー賞主演女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャーリーズ・セロン「ヤング≒アダルト」

かつて学園の女王様だったメイビス。冴えないゴーストライターで、結婚もしていなければ恋人もいない今の自分を受け入れることができない。元カレとのよりを戻して幸せをつかもうと、毛嫌いしていた故郷の田舎町へ帰る。しかし元カレは結婚して可愛いベビーが生まれたばかり。彼の奥さんは壊れかけているメイビスに優しく接するが、その優しさがかえってメイビスを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ずいぶん久しぶりの更新・・

秋からずっと忙しく過ぎて大変でした・・今月に入ってようやく落ち着いたけど、たまりにたまったいろんなことを片づけたりでそれはそれで忙しく、ようやくブログにたどり着きました・・・  さて、忙しいさなかでも移動の最中やら、空き時間に本もたくさん読みました。  とても書ききれませんので、覚えている範囲でちょこっと。 沼田まほかる「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八日目の蝉

八日目の蝉 通常版 [DVD]アミューズソフトエンタテインメント 2011-10-28 Amazonアソシエイト by  長い間地中にいて、ようやく外に出ても7日しか生きられない蝉。もし、仲間より1日多く生きることができたとしたら、その蝉は果たして幸せなのだろうか?仲間がいなくなってひとり取り残されるようにして孤独に生きるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾「夜明けの街で」

夜明けの街で (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-07-24 東野 圭吾 Amazonアソシエイト by  映画も公開され、目下絶好調の東野圭吾「夜明けの街で」。  妻子と平凡な家庭を築き、会社では中間管理職として働く渡部の課に、派遣社員の中西秋葉が入ってきた。自分はもう二度と恋などできない、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」

  ゴールデンスランバー新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by  伊坂幸太郎の小説ってどうも読み始めてから入り込むまでに時間がかかってしまう、というか、文体や言葉の選び方がたぶん苦手なんだけど、この「ゴールデンスランバー」も読み進むのに最初手間取った。しかし、読み進めていくうちにすごく引き込まれた。その吸引力たる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクドソレイユ「ZED」そしてディズニーシー!

 10月1日!前から行ってみたかったシルクドソレイユ。とうとう念願かなって行ってきました!JCBのディズニーパークとのセットチケット¥10,000!お徳ですよね!  さて、舞浜駅からイクスピアリをを通り抜けてシルクの常設テントへ。テント、ではなくてもうこれは立派な劇場ですね。サーカス自体が初体験!もうわくわくMAXで幕開けを待ちました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テティスの逆鱗」「ドラゴンティアーズ(龍涙)池袋ウエストゲートパーク9」

テティスの逆鱗文藝春秋 唯川 恵 Amazonアソシエイト by ドラゴン・ティアーズ 龍涙―池袋ウエストゲートパーク〈9〉 (文春文庫)文藝春秋 2011-09-02 石田 衣良 Amazonアソシエイト by  唯川恵「テティスの逆鱗」。美容外科医を軸にして、女たちの飽くなき美への欲求が、最後にはホラーを髣髴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ションヤンの酒家

ションヤンの酒家 (小学館文庫)小学館 池 莉 Amazonアソシエイト by  中国女性は本当にたくましい。いや、女性はどの国でもいついかなるときにもたくましいのかもしれない。  ションヤンは貧しい家庭に生まれ、子供のころから生きるために全力で知恵を働かせ、働き、幼い弟や妹を育ててきた。ションヤンはやがて自らの才覚で自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「シャンハイ~上海~」

渡辺謙、コン・リー、菊池凛子ほか出演。 太平洋戦争前夜の魑魅魍魎が跋扈する上海が舞台。日本の諜報部とアメリカの諜報部、そして中国のレジスタンスが暗躍する上海。いつ誰が殺されてもおかしくない日常の中で、友情、そして愛情に人々は縋る。しかし友情も愛情も決して成就しない。ぎりぎりの毎日で誰もが一瞬、一瞬を命がけで生き抜いてゆく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モールス

マイケル・ジアッキノ/オリジナル・サウンドトラック 『モールス』ジェネオン・ユニバーサル 2011-07-27 サウンドトラック Amazonアソシエイト by  原作はスゥエーデンのホラー小説とのこと。作者はスゥエーデンのスティーブン・キングだそうです(笑)。  さて、予告編を見たときから楽しみにしていたのですが、ヴァン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納涼サスペンス!「今は誰も愛せない」

いまは誰も愛せない (ヴィレッジブックス)ソニーマガジンズ リサ ガードナー Amazonアソシエイト by  リサ・ガードナーのサスペンス。背筋が凍るような怖ろしさ、でも読み出したら止まらない!まさに猛暑にぴったり。  学生街に暮らす美しい4人の女性が連続レイプ魔に襲われる。DNAにより犯人は特定され逮捕されるが、裁判初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唯川恵「セシルのもくろみ」「一瞬でいい」

セシルのもくろみ光文社 唯川 惠 Amazonアソシエイト by 一瞬でいい毎日新聞社 唯川 恵 Amazonアソシエイト by  フツーの主婦がひょんなことから女性誌の読者モデルに抜擢されたことにより、外見も内面も急速に変わってゆく様を描いた「セシルのもくろみ」。主婦向けの女性誌に興味がないので正直言って退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿鮫X 絆回廊

絆回廊 新宿鮫Ⅹ光文社 大沢在昌 Amazonアソシエイト by  大沢在昌の新宿鮫シリーズの最新刊「絆回廊」。個人的には大沢在昌の作品の中でこの新宿鮫シリーズが一番好き。もう主人公、鮫島の大ファンなんです!  さて、五年ぶりのシリーズ最新作、ということで前回の話がいまひとつ思い出せず残念ではありましたが、今回もまたぐいぐ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

空中ブランコ

空中ブランコ文藝春秋 奥田 英朗 Amazonアソシエイト by 「イン・ザ・プール」に登場した奇妙な精神科医、伊良部一郎シリーズ第二弾。相変らずのマイペース、というか破天荒ぶりで患者の度肝を抜く。中でも一番面白かったのは「女流作家」。都会に生きる男女の恋愛ばかりを量産する女流作家がスランプに陥るお話。自分の殻を破ろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「照柿」と「年下の女友だち」

照柿(上) (講談社文庫)講談社 高村 薫 Amazonアソシエイト by 年下の女友だち集英社 林 真理子 Amazonアソシエイト by  「照柿」。幼少期を供に過ごした合田雄一郎と野田達夫。二人はそれぞれ刑事と工場勤務員となり、別々の人生を歩み、交わることなどないはずだった。それがある女の電車飛び込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック・スワン」本日初日!

 ナタリー・ポートマン主演で、アカデミー賞主演女優賞を獲得した「ブラック・スワン」。とっても楽しみにしていたので、初日に早速鑑賞。  結論から言って、本当に面白かったし、素晴らしかった!良くできています。時間があっという間。とにかくスリリングだし全編を通して緊張感が途切れない。バレエファンはもちろん、そうでない人も存分に楽しめる一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more